葉のかたち

言葉は、地球儀みたいだ。


360度、全ての角度で見れるものはない。
全部見せようとすると、形が歪んでしまう。


だからどうしても意図しない意味で伝わり
人を傷つけてしまうことがある。

  

でもそれは仕方ない。


ただ、自分が人よりも優れていることを示すために
他人の価値を落とす時に使われる
悪意ある槍のような言葉は、ちがう。

ここ最近、
その矛先として選ばれる機会が数回あった

 

傷をつけられる側になるということ
本当の自分で生きようとしているわたしは戸惑った

 

その矛先を向けられ、
攻撃をしてきた時、そこに悪意のようなものが見えた時

 

ふつ、と音がして怒りが湧いた、
だから深呼吸をして、吐き出した。


自分を守るために人を傷つけるということ、
そこにあるのは弱さじゃないの?

 

それが弱さだとわかるのは、私もそれを使って
人を傷つけたことがあるからだと思う。

 

弱さ。
頭では分かっている。

 

だけど傷つきかけてしまった。
ちゃんと自分を守るための怒りも湧いた。
そして、よし、深呼吸をして
立ち止まることができた。

 

これだけでさよは満点!ナイスさよ!
って自分に声をかける。

 

そのあと、冷静に考えて、
どうしたらいいか?答えを出してみた
(でも考えるのはエゴだとかってなるのか・・?)

 

私が選んだこと
それは、受けてあげること。
そしてそのあと流すこと。(ここはもう少し練習要)


だって、私の価値は私が決めるから。
傷ついてあげる価値はない。
だけど言い返し、傷つけ合いたい訳でもない
上も下もない、勝ちも負けも。

 

相手のやり方は歪んでるとは思うけど、それは私が思うだけ。
相手は楽になるからやってる=楽になる。
自尊心は自分で持つものだから
自分が無傷ならそれが一番いいはず。

 

私は弱く見えたんだ。

 

でも、弱さも自分だ。


隠すのはしんどいから、
見せるけど、傷はつかない、
そこで自分の価値は決まらないから。
これは弱さ?

 

パワーの人からすると、
なめてかかられるというのは
問題だというのだろう。

 

その矛先に選ばれているようじゃダメだと。
だから強く見せておくべきだ、
いつ何が自分を狙っているかわからないと。

 

ふむふむ。確かに。
でも私は、これでいい。

 

選ばれているのではなくて、
選ばれることを選んでみるの。


弱いからじゃないの。
まだまだ強くならなきゃだけど。

 

誰だって、弱さはある。
そしたら、守るものは必要だし、
守るために矛を選ぶ人を居なくするのは難しいし、
その人も生きなきゃいけないし・・


なめられちゃダメ、威嚇しなくちゃで
威嚇する時矛先は絶対、どこかの角度を向いてるもん。

 

これはエゴなのか。
結局上を作ろうとしていることになるのか。

 

私は強くなっていけてんのかな。
結局同じ分だけ誰かを傷つけてるんかな。

 

苦しんだことにはいつも絶対意味があるんかな。
傷ついた分だけ優しくなるって本当かな
あれじゃあ本当は傷ついてるってこと?

傷ついてあげるとかは、
多分できないな


人のためとか
自分のためとか
考えすぎたら
全部作り出された温度のないものになっちゃうのかな。

 

んー。

 

悩み出してしまった。
危ない。ここでストップです。
ゆっくりいこーのやつです。

 

 

 

題名は、言葉のこと。


木陰を作れる葉?
指先をを切ってしまう鋭い葉?
傘になれる大きな葉?
傷を癒せる薬草みたいな葉?
食べられて穴だらけの葉?
枯れて落ちて大地に巡る葉?

 

私の言葉はどんな風になりたいの?
自分の言葉ともっと話したいな〜と思った日でした(昨日)