涙に変換するまえに

涙は、目にみえる感情だなんてことを書いたばかりで
実際そう思って生きて来たことに嘘はないけれど


最近はすこし、涙を流すことが
とてもずるいことのように思えるときがある。

 

それは、どこか、涙を流すことで
許されようとしている自分がいることに気づいたからだ。

 

湧き上がる感情を体内にとどめ、
自分の力で向き合い、考え痛むことを放棄している。

 

何もわかっちゃいないのに、
わかったような顔をするために涙を流している。

 

そんな自分がいた。

 

嫌気がさして、
こみ上げる涙を流すのをやめた。

 

誰かのために泣いているような顔で、
ほかの誰でもない自分のためだけに泣いていたことを知った。

 

同時に、自分の中にいれて留め、
受け止める力がまるでないこと、

 

浄化させてはいけないものまで流していたこと、
本当に何もわかってなんかいなかったということも。


f:id:sayo_vb:20180612184213j:plain