揺らす風

 

高橋久美子さん。

 

 

高橋久美子さんは、チャットモンチーの元ドラマーです。
チャットモンチーを知ったのは小学生の頃。
中学の頃は友達が好きなバンドという印象で、
高校生の頃はoasisradioheadとmichelleの合間に聴くくらい、
そして短大生の頃にたくさん聴いた。

 

チャットモンチーの出す音が好きだった。
あのころ、
わたしの体はしっかり若かったから、
いっぱい揺らいで、響いて、揺れた。

 

大人になって、
恋とか熱とか、そういうものがわからなくなって
人生ってこんなもんかって思いながらも、
どっか疑問感じて生きてたある日、恋をした。

 

その人がこれまで付き合った、
たった一人の彼女の好きなバンドが、
チャットモンチーだった。

 

わたしだって、好きなのに。


わたしの体はすっかり大人になってたけど、
いっぱい揺らいで、響いて、揺れた。


そして、好きだ、と思うのはいつも
久美子さんの書いた詩だったよ。

 

この人の書く詩は、
いつもいつももがいている。
そのあとで、思いっきり前を向いたりする。


等身大で、とっても女の子で、痛みがあって、
あぁこの人は、この人を、
生きているんだなぁって、思うのです。
 

いまは、久美子さんも大人になって、
彼女は文章を書いて生きているけど、
それらを読むといつも、やっぱり久美子さんだなぁってなるよ。


未だに痛みは含んでる。
でもとっても、なんというか、しなやかになった。
色々を感じて中に受け入れて、
流したり、吸ったり吐いたり、
悩むときもあるけど、自分はこう、って笑って、
人と関わって、自分を調和させて、感謝して、
そうやって呼吸しながら、
彼女は彼女のやりかたで
過ぎ行く日常を捉えて、かたちにして生きて
それがわたしにも届いてる。

 

本当の久美子さんなんて知らない。
でもわたしと久美子さんのあいだに
はっきり”久美子さん”があるのが、まぎれもなく久美子さんで、
それはきっと、あなたがあなたを生きているからで、、 

 

かっこいいなあ。

 

こないだ、彼がわたしにエネルギーを向けるベクトルのお話をしてくれた。
今日、先日出会い直した年上の友人がくれた、言葉にもハッとした。

 

自分がこうなりたいとか、
大切な人がいるならその人とこうなりたいとか
持ってないときっと、見失うねって

 

ほんとだ。
わたしはどうなりたいの?

 


使い捨てるように今を使って、
空回りして疲れて、
自分だって消耗してて、、

 

わたしは、
見失っている。

 

ハッ。

 

たいへんだ!見失っている!!
見失っているときは、見失っていることにも気づかないんだよ!!!

 

方向を決めて、探しに行きたい。
あときっと、勇気と覚悟の問題よ。

 

わたしならできる。
だってもう何回か、やってきたじゃない。 

 

痛いときもいいけど、
嬉しいときに生きてる!って思いたいね

 

痛みを感じて泣くのもいいけど、
嬉しくっていっぱい泣きたいね

そのとき、周りに誰かが居たらいいね
誰かと一緒に、嬉しくなるって、どんな気持ちなんだろうね

 

さっきね、久美子さんのエッセイ読んで、
読んだことあるやつなのに、
涙が出たんだよ。

 

こみあげる”何か”は、なんなんだろうね?

 

また、あの日京都で見た
誰かが撮った1枚の名前も知らない一輪の花の写真が浮かんだ。

 

一輪の花と、久美子さん

 

あぁ、わたしもこんな風に生きたいって思った。
そうだよ、うん。
たぶんずっと、ちゃんとあるんだよ。

 

 f:id:sayo_vb:20180622103103j:plain