沈殿物をかき集めたあとの爪の間

 

吐き気がする、します
ここはお風呂だから
吐きますね

 

嘔吐物みて、汚いって思ってもいいけど、
言うんだったら読まないでね。
お風呂まで入ってきて、肌を見て、裸を見て、
汚いって、言わないでね。
これが私。自分が汚くて嫌だと思ったら、自分で綺麗にするから。
その作業をしているんです。
あなたには関係のないこと。
(なんて強がってみるけど、ほんとうは、それでもそばにいてほしい)

 

いきなり本題から逸れるけど、
こないだ泥酔した。でも全然理性はあった
泥酔って言ってるのは、吐いたから。
けどすごく気持ち悪いくらい綺麗に吐いてたらしい。

 

吐くね、って言って、
おえっ、じゃなくて
んっっ、、て言ってはいた。
で、笑ってスッキリした!って言った。

 

 

 

 

 昨日の話。

 

羨ましいと思った。嫉妬心とは違うと思う。純粋に羨ましかった。今の姿を聞いて、余計に羨ましかった。でも羨ましいとか、甘え100%やし絶対思ったらあかんことやし、自分がなんぼのもんじゃいって、また嫌いになった。でも羨ましいんだから仕方ない。

 

それから、受け入れられたいと願ってもいいのか。と思った。私が思う格好悪いセリフを、私に言ってくれる彼がとてもとても愛おしかった。


もちろん。受け入れるから全部。苦しくても、痛くてもいい。嬉しい。
どこまでも行けるような気がしている。自分でも分からないくらい、怖いくらい
大きな波に、飲み込まれそうになる時がある
人を好きになる。私にとってそれは全く綺麗じゃないものなのかもしれない。
感情が押し寄せそうになる、すぐセンサーがキャッチしてストッパーが働く。
このストッパーはずっと鍛えてきた自慢のストッパーだ。でもそれが壊れそうなんだ。

 

わたしはたぶんほんとうは、独占欲の塊、でもわからない。独占欲の塊じゃないかもしれない。結局なんなのかわからない。どこにいるんだろ私は。わからないでもこれじゃ行方不明者だね。死んでるのと同じじゃないのか?計算尽くしで愛されるために愛してた自分を、泣きたいのに笑ってた自分を、受け入れるとか許すなんてやっぱり出来ない。

 

傷ついてくれれば良かったのに。しっかり自分を傷つけてくれたら良かったのに。そのまま触れない過去にしてしまったから、感情は腐って、私は今、そんな自分の一部を殺したいし消したいし潰したいよ。ぐちゃぐちゃにしてやりたい。痛めつけて苦しめて恨みを込めて殺したい。こんな感情が自分の中にあって、びっくりしている。気付くまでは良かった。気づいてしまったから破綻してる。どうして保てないのか。私はもう大人だ24歳になった。生きるのも愛すのも愛されるのもセックスをするのも自分をするのも全部下手くそだ。ゴミみたいよ汚い。何もわからない。そんなん言ったらもう、全部虚像よ。

 

だって愛されたいとか大切にしてほしいとか離れないで居て欲しいとかって思うことは悪いこと汚いことレベルが低いこと。そうじゃないの?違うの?

 

俗に言うメンヘラの子が、カミソリで腕を切る自傷行為をするなら私は、笑顔がそれだった。私はメンヘラじゃなかった。でもメンヘラだったのかもしれない。わからない。見てこなかったから。私はずっと、笑ってた。笑ってたかったから、泣きたくても笑ってた。本当は心から笑いたかった。心はそこにはなかった。でもそう。自分じゃない自分になって、毎日楽しかった。あんまり辛いことはなかった。いつも楽しそうで笑ってるっていわれた、可愛いって言われた。見た目も性格も、私みたいになりたいって女の子に言われた。好きだって男の子に言われたりもした。きまりを破っても、へらへら笑えば、私だけ許されることも多かった。実際、特別扱いもたくさんされた。いつも、華やかなところに勝手に選ばれた。何を見ているんだろう。でもどこか、当然だとも思ってた。だって自分がそうしてるんだから、きっと、上手だった。別に嬉しくないけど、楽しかった。今思えば、こっちがいいようにされてた。

 

帰ったら、吐いてた。髪を洗おうと思って頭をさげると、食べたものが戻ってきた。生理の夜、泣きながらどこか知らないところまで歩いて気付いたら3時間経っているそんな日もあった、学校に行かない日は半分くらいあった。お菓子をバカみたいに買って、布団の上で食べてた。気が済んだら、用意をして学校に行った。胃薬の瓶を、3日とか1週間で1つ飲んで居た。胃が痛かった。こんな話は、人に話したことはない。(笑いながら、大したことないような感じでは話したかもしれない。)そして笑ってた。向き合いもして居なかった。ただの処理。お風呂で毛を剃る時に何も思わないように、いつ剃ったっけ?って忘れるみたいに、忘れてた。

 

だって私は笑顔の可愛い女の子。暗示をかける。だから汚いところは忘れるようにしてた。今もそうだけど、忘却するのは得意。でも昇華はしてない。残り続ける。だから実際は忘れてない。蓋をするだけ。その下で腐る。気づかなかった。バカすぎる。

 

メンヘラは、好かれない。依存したら、飽きて捨てられるし、
そのへんの遊ばれて泣いてる女が、不思議で仕方なかった。
わかってたやん、ってコントかと思った。
やりたくてそうしてるんでしょ?なんで泣いてるの?
まぁそれも自傷行為か。私もそうすれば良かった。バカなのは私。

 

私は、きっと本質的によく笑う子ではあると思うのよ。だけど苦しい時もずっとずっとずっと笑ってた。切って外に出してあげたら良かったのよ。誰かに思いっきり依存すれば良かったのよ。で、拒絶されて死にたくなるくらい傷つけば良かったのよ。

 

笑顔の私の声。バカやなぁって笑う声。笑って見ないようにしてみて。記憶から消すのが上手になるよ。暗示をかけるのよ。そしたら綺麗で純粋で好きでいれるのよ。とっておきの秘密を教えるみたいにキラキラして笑ってる。魅力もあるかも。でも、私、そうじゃないと思う。

 

本当の自分ってなんなんだろうね????????????

 

本当は、めちゃくちゃ汚くて、歪んでて変なでおかしいのかも。
繊細なんかじゃない。汚くて歪んでいるだけ。
独占欲嫉妬心執着心自分もわかってない。ドロドロかも。
もう大人だけどいいのかな。もう大人になってしまってるんだよ。
でも、いいよって言われたら私はどうなるのかな。

 

受け入れて欲しい。多分私は、どこまでも行ける。

 

 

 

↓これ、前に書いた記事。この時わかってなかったけど、これもそうだったね。
 これは拒絶された例ですね。笑

 

いや、あるわ、あったわ、見えたこと。(笑)
かつて、1人だけ、私を汚いという人が居た。
めちゃくちゃに言われたな、汚い、価値がないって。
彼は私がフィルターを重ねようとした時に使った嘘を見つけ
それを私に突きつけて来た。
びっくりした。亀裂が入って一瞬で剥がれ落ち
突然汚い裸の自分が彼の目前に晒された感覚がしたから。
激しく動揺したな。あの時はひとり、恐怖で泣き叫んだよ。
手が、身体が、内臓が全て
汚れに侵され灰色でボロボロしたもので
構成されていたんだと思えて震えた。
その後はその人に触れることもできなかった。
彼はそんな私を見て
くだらない、無駄だと吐き捨てたから、
あの時の私はまた殻に戻ってしまったね。
今でも彼に捉われて居る自分に会う時があるもんな。

 

(でもそこまで油断したのは彼だったからで、
どこかで多分、見て欲しい自分もいたよね。
その勝手な期待がまた、自分の傷を深くした。
全て自分で作り上げ、それも含めて自分がした選択です。笑)

 


こんなに根が深いとは思ってなかった。
掘れば、どんどん出てくる。もう、腐りすぎ。笑ける。笑

 

 

さあ。綺麗にするか。

何も感じない状態が一番自然な状態。

今の私は、吐き気がしてたくさん不調出てる状態。

心も体も一緒で面白いね。

こんなこと言いながら、前は向こうとはしてるから大丈夫よ、さよ

こんな汚い感情が今、あるだけ。

汚くても綺麗でも、なんでもいい。

スッキリした状態が一番いい。

さあ。向き合うか。綺麗にするか。

これは本来の姿ではない。魔物に取り憑かれている。

取り除きたいから取り除こう。取り除きたいから。

ケットリッドオブしよう。笑

 

 

 

yorunohikari.hatenablog.jp

 

 f:id:sayo_vb:20180621211327j:plain